2020年05月24日

レヴォーグ日記 - 洗車とワイパーラバー交換

1ヶ月半ぶりの洗車のついでに、2月の車検の時に勧められて自分でやるからと断っていたワイパーラバーの交換。

モノはすでに去年Amzonで購入していたが、使用上の不満がなかったのでここまで延ばしていたんだけど、さすがにそろそろという感じで替えたった。
簡単な作業でクルマのトリセツにも交換方法は書かれているけど、やっぱどうにも文字で書かれているとわかりづらいので、YouTubeなどで見ておいた方が早いよ。

1回経験してしまうと簡単だけど、前も後ろもブレードを外す時に若干のコツがいるので、初めてだと少し戸惑う。
ブレードからラバーを外す際、フロントは簡単に外れるけど、リアは手でやるとなかなか外れないのでペンチで引っ張ってスライドさせた方がうまくいく。
ネットの情報を見ておけば、15分ほどもあれば交換できるであろう。

前回Dで交換したのが3年近く前、外してから気づいたんだがフロントの運転席側はラバーが少し切れていたのでちょうど良いタイミングであった。
これでパーツ代¥3,000弱のみ。Dだと工賃込みで¥5.000くらい取られるかも...
小さな幸せを感じて、雨の日が楽しみになるね!
lv1.jpg
posted by cazitto at 07:52| Comment(0) | クルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月22日

アベノマスク

がやっと届いた。
早速中身をチェックしたけど、特に不良品ではなかった。

TVでは批判ばかりが取り上げられるけど、個人的には問題があると思ってないし配布は良かったと思う。
ただタイミングが遅かったけど...

基本的には今までの日本の対応に悪い感情は持ってないけど、中国のあのおっさんの国賓来日絡みの忖度で入国禁止が遅れたのは失敗だった。
2月くらいから、何人かの著名な人たちがTwitterで早く中韓からの入国禁止をすべきと声をあげてたにも関わらずなかなかできなかったのが残念だが、あの対応は今の政権でも野党でも同じような対応だっただろうという想像はつく。
民主党時代でさえ、海保の船に衝突して逮捕された中国漁船の船長を検察に政治介入して無いことにして釈放してしまうくらいだから、今の日本は野党でも似たり寄ったりの対応しかできんやろ。

武漢肺炎自体の対応は、まあまあ頑張ってるんじゃないかという感じ。
初めのDPという客船騒ぎがインパクトがあってどうなるんやと心配したけど、その後は緊急事態条項のない憲法の中で当然100点ではないけどなんとか合格点という感じか。

ここは純粋に趣味のブログなので、今まで政治的思想的なことは書かないで来たけど、今回個人的な考えを明らかにするのは特別である。
スパイ映画、戦争映画のレビューでチラッと考えを述べたりしたことはあるけど、とにかく9条だけで戦争やテロを回避できるとは夢にも思ってないので、9条は保持した上で憲法改正して最低限自衛隊を認めるべきという考えは変わっていない。
だって憲法違反なんでしょ? だったら改正するしかないでしょ? 自衛隊を失くすわけいかんのだから...

そういう点で現政権には期待してるんだけど、決して安倍信者でも特別自民支持でもない。
さらにそういう意味でアメリカの2大政党って、是々非々で対応できてて羨ましいところはある。日本の野党は全てに反対するだけのクソで役に立たないからね。

まあ現実世界、特に政治や外交なんてイチゼロじゃないんで、どっかで妥協しながらあちこちで苦渋の選択を迫られるんだよ。←ここ大事!
そこを理解し納得しないとやってらんねえわけだけど、決して諦めてるわけじゃなく理想ばっか追ってても仕方あんめえ。
ビジョンは必要だけど、人生なんてそんなもんよ。

それにしても日本って、国内に他国籍の人がいっぱいいて政権をなんとかしようと(日本を貶めようと)してるところから、どうにも難しい国である。
何十年も前にどっかでボタンを掛け違えてしまった気がするわ...
am1.jpg
posted by cazitto at 08:07| Comment(0) | 日記・コラム・つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月20日

CHANGELING

をCATVで観た。
クリント・イーストウッド監督の実話ベースのハナシ。
Changelingっていう単語を知らんかったけど、ヨーロッパの伝承から「取り替え子」という意味だと。

1928年のロサンゼルスで、誘拐された息子の生還を祈る母親(アンジェリーナ・ジョリー)の闘いを描くサスペンス。
息子は無事に警察に保護されるがこれが実の子供ではなかったので、腐敗した警察に頼らずに母親自らが息子の行方を捜して行動を起こし、同時に市長や警察機構を告発していくという内容である。
なかなか重い話なんだけどアメリカの黒歴史のような内容で、今なら中国が臓器売買でこんなことをしてるんではないかと...
いや、あっちは取り替えるわけではないから違うわ。
コワイわー。

結局最後まで主人公の息子は生きてるのか死んでるのかわからないんだが、実際の人も探し続けたそうである。
うーん、クリント・イーストウッドの作品って、シブいわ。
(評価:★★★★☆)
cl2.jpg
posted by cazitto at 09:48| Comment(0) | 映画・テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月18日

特別定額給付金(武漢肺炎の給付金)の受領連絡メール

が来た。

これだよ、こういうエビデンスが来ないと安心できんのだよ。
これで申請が正式に受領されたので、あとは待つのみ。
いったいいつ頃振り込まれるのかわからんが、少なくとも2、3ヶ月先と見ておこう。

それにしても、河野太郎さんがTwitterで指摘してたけど、申請用紙に「"受取を希望しない"チェック欄」があるので間違ってチェックしないよう注意、だと。
で、さらに高橋洋一さんがTwitterで、こういう欄を作ること自体がお役所で笑う、と言ってますた...

うーん、そんな欄あったかなー?
よく覚えてないけど、デフォルトが「希望しない」で、「希望する」人はチェックが必要だったらミスってたかも...
コワイわー
xx2.jpg
posted by cazitto at 07:55| Comment(0) | 日記・コラム・つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月16日

F-2A

築城スペシャル2018のF-2A。
1年ほど前に作ったF-2Aのコンボモデルの片割れの1機。

今回の改造は以下。
- レドームのライトニングアレスタの位置修正(伸ばしランナーで位置上げ)
- 機首AOAプローブの真鍮線化
- 水平尾翼に左右3本ずつある放電索の真ん中の位置修正
- 排気ノズル内部の可動部分再現とウェザリング
- インテーク奥の穴あけ

伸ばしランナーは少し太すぎるし、AOAプローブは0.3mm真鍮線なんでやや細いし、いくつかミスったところの修正などで結構手をかけていてウェザリング(汚し)もちゃんとやったので、愛着はだいぶある。
でも満足はしていない。
でもまあこんなもんかなあ、という感じ。

それにしても、相変わらずこの洋上迷彩色は、光の加減で本物とモケーの色の違いが目立ちますなあ。
本物のほうが重厚感があって黒っぽくて重い感じがするけど、モケーは明るく輝いて軽い感じ。
それは初めから感じていたので、ウェザリングで黒光りするような感じを出そうとしたけど、やっぱ追いつきません...
こういうところの本物感は、SA(モケー雑誌ね)に乗ってる写真はモケー感がなくてめちゃスゴイよ。

うーむ、stay homeで精進あるのみ。
ff1.jpg ff2.jpg ff3.jpg ff4.jpg ff5.jpg ff6.jpg ff7.jpg ff8.jpg ff9.jpg
ff10.jpg
posted by cazitto at 09:33| Comment(0) | 飛行機・模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月14日

レヴォーグ日記 - ガソリン給油

最近クルマ動かしてないので、片道5キロ弱のいつものGSへ行って、安くなったというガソリンの補給。

毎朝のウォーキング以外で外に出るのは、4月にDに行って以来なので約3週間ぶり。
久々にクルマで走ったが、道は空いてて車の量は少なかった。

2月の志賀高原スキーから帰ってきたときの給油では¥140/lちょいだったが、今回は¥129/lで¥15/lほど安くなってたわ。
ちなみにエネオスのセルフじゃないところ。セルフだと¥125くらいか...
2月末に、ムスコが大岡山の大学そばのアパートから家へ戻ってきたのと、就職に関わる買い物で走り回っていたので、150kmほどの走行で20lちょいを給油。
うーん、約8km/l弱の燃費って、街中ばかりだからかよくないわ。

で、総走行距離23,760kmとなった翼くん。
最近は月イチの南大沢ドライブも中止してるし、白馬旅はキャンセルになったし、この状況だと今年の走行距離はだいぶ少ないなあ。
と言いつつ、一応7月に白馬旅リベンジで予約はしたけどな。
g1b.jpg g2b.jpg
posted by cazitto at 08:09| Comment(0) | クルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月12日

特別定額給付金(武漢肺炎の給付金)の再申請

先日武漢肺炎給付金の申請をスマホからやったんだけど、正常終了していない気がして念のため再チャレンジ。

さすがに2回目ともなるとスムーズで、5分ほどで終わった。
やはり最後の送付がちゃんとできていなかったようで、この画面(⬇︎)は見てない。
受付番号なんかなかった...

で、ちゃんと送付しましたメールとともに送付データのエビデンスも送られてきた。
やばかったわー。
ま、慣れたら簡単やね。...と言いながら、元IT屋のくせに初めに失敗していたのが恥ずかしい...

Tipsは、こないだも書いたけど、「2つのパスワード」と「口座番号情報の証明写真ファイル」の事前準備である。

マイ#カードは、リリースされてじきに取得したので、もう4、5年ほど経つか。
リタイヤ前、某外資系生保会社でマイ#導入プロジェクトのPMやってたし、総じて導入には賛成である。
基本的に役所仕事のコスト削減と効率化に寄与するシステムだけど、それって結局利用者に返ってくるわけなんでね。

マイ#が口座と紐づけられて個人情報バレバレ、セキュリティがー、なんて言うヤツもいるけど、それって結局バレて何が悪いってハナシ。
情報セキュリティは、もうこれからの社会で避けられないことだから漏洩しないようにできることをやるだけ。それしかないっす。
ちなみにわたし、某外資系コンピューターメーカーのアウトソーシング部門で個人情報保護管理者だったし、元ISO27001(ISMS) Auditorですわ。
ISMS知らんヒトはググってみてね。
tk1.jpg
posted by cazitto at 08:21| Comment(0) | 日記・コラム・つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月10日

Schindler's List

をCATVで観た。
超有名な作品なので観たことがあるかと思っていたら、観たことはなかった。

当初は単なる金儲けが目的だったドイツ人のシンドラーが、ユダヤ人を救うということへ心境を変えてゆき、結局は1100人以上のユダヤ人を救ったという実話である。
シンドラーは外交官だと思い込んでいたんだが、それは日本人の杉浦千畝のほうで、こちらはドイツ人の実業家であった。
ちなみに主演のリーアム・ニーソンは、好きな俳優さんのひとり。

ドイツ軍人や役人に賄賂を与えて、ユダヤ人の工場を払い下げてもらいユダヤ人の労働力を投入させてもらうという違法なやり方で金儲けをしつつユダヤ人を救っていこうとする姿は、その時の彼の状況における確信犯的なやり方で、理想主義的な考え方ではこういうことはできないだろうし、なんとも言えない苦虫を潰すような思いが残りますなあ。
でも現実の世界ってそういうものなんだと、老いてくるとわかってくるのだ。

以下ネタバレになるけど、終わりの方でドイツの降伏が決まって救ったユダヤ人たちと別れる時に、あと10人救えなかった、あと2人救えなかった、と泣き崩れるところが、イチバンのクライマックスである。
この場面でグッときてしまいますわ。
(評価:★★★★☆)
ss1.jpg
posted by cazitto at 08:46| Comment(0) | 映画・テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月08日

武蔵野日記ー 緊急事態宣言延長

自粛が延長され、都立学校が5月末まで休み延長となった中、相変わらず朝の公園は人が多い。
そんな公園で相変わらずウォーキングを継続してるけど、今年はなぜか雨が多いようで、時々歩けない。
だからか軽い目眩症状が時々顔を出して、先日もクラクラした。
酷くはないからいいけど...

今月後半に予約していた毎年恒例の白馬旅は、やはりキャンセルとなった。
5月に入ってすぐにホテルから電話があって、6月末まで休業継続となったのでキャンセルさせて欲しいとの内容。
こっちも様子見していたわけだけど、この状況じゃ仕方ないわ、という感じで了承しますた。
一応7月1日から再開予定とは言ってたけど...

それにしてもメディアでは政権批判が多いようだけど、ベストではないが、まあまあ健闘してんじゃないかと思っている。
韓国の対応がいいので真似るべきとか、諸外国にできてなんで日本ができないのかと言われるけど、憲法や法律や体制が違うのに単純に比較できんだろ、というのが個人的意見。
日本の憲法には国家緊急権(緊急事態条項)がないし、プライバシー保護観点から個人情報開示がとても制限されているので、韓国のように感染者を24時間GPS追跡することなどできない。
あちらは準戦時体制下で徴兵制もあるし大統領の強い権限で、罰則のある外出禁止令など出せた中での成果であり、こっちは罰則のない単なる自粛要請での成果である。
そこんとこ、よーく違いを考えて批判したりしないと、おかしなハナシになってしまう。
海外からの批判は、勝手に言わしとけ!って感じ。
それでも参考にすべき点はあると思うけど、そういうのを鑑みたうえでまあ健闘してんじゃね? という感じ。

PCR検査を増やせという意見も、個人的にはよく理解できない。
あれはその時点での陽性陰性判定が、Max70%程度でできるだけで、その後すぐに感染して陽性になるかもしれないのに...
感染の疑いのある人を検査すべきというのは全く理解できるけど、国民全員一斉検査って意味なくね?
抗体検査ならわかるが、誰か説明してっ! はあはあ...

つい興奮してしまうが、そういう印象と感想を持った次第。
c1.jpg c2.jpg
posted by cazitto at 08:17| Comment(0) | 日記・コラム・つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月06日

シャープ製マスク抽選販売への応募

話題になってたから、知っている方も多いと思うけど。

家族全員花粉症のため、元々マスクは必需品でそこそこ在庫はあるんだけど、さすがに少なくなってきた。
最近マスク価格も下がってきたとはいえ、まだまだすぐには買えないし高かったりでよろしくない。
そこでシャープのマスクも買っとこうか、ということで応募。

普段から隠遁生活なので、自分自身はマスクを使いまくることはなく、毎朝のウォーキングでも自家製布マスクをローテーションで使いまわしてる。
だから、批判されているアベノマスク2枚配布は、自分としてはありがたいし期待して待ってんだけどまだ来ない...

シャープ製マスクは、一時サーバーダウンでえらいことになってたけど、方法を抽選方式に変えたので今はいたって健全に応募ができる。
この方式考えた方、頭いいわ!

とりあえず応募しておいて、当たったら登録して購入するという手順である。
今回のは今週抽選だけど、外れても翌週の抽選に自動エントリーされるのでただ待つのみ。
販売がいつまで続くのかわからんけど、とりあえず宝くじみたいな感覚で待ちますわ。

シャープマスク→ https://cocorolife.jp.sharp/mask/?_ga=2.81570256.690750011.1587370740-614392469.1587370740
sm3.jpg sm4.jpg
posted by cazitto at 07:58| Comment(0) | 日記・コラム・つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月04日

Midnight Rendezvous - CASIOPEA

名アルバム「Mint Jams」からの「Midnight Rendezvous」

この曲を聞くと、20代の頃によく出かけた深夜の保土ヶ谷バイパス(R1)のぶっ飛びドライブを思い出す。
当時、練馬から環八、第三京浜経由、保土ヶ谷バイパスから藤沢抜けて江ノ島までが定期便ルート。
仕事終わった金曜日の深夜、ファミレスで休んだ後の0時前後に練馬を出て片道1時間ちょいくらいの、深夜のドライブである。

会社の同僚か高校時代の友人たち、たまには自分ひとりでのドライブだったけど、今から比べると深夜の環八は空いててぶっ飛ばせたし、特に保土ヶ谷バイパスの三ツ沢から藤沢手前の原宿交差点辺りまではワインディングで気持ちよかった。
あの頃、0時以降は神奈川県条例で未成年は外出禁止だったのもあって江ノ島は立入り禁止だったけど、近くの海岸でたむろして朝方に家へ帰る、という生活をしていたわ。
言っとくけど、暴走族やヤンキーではないぞ。単なるクルマ好きである。

その時、車内でかかってた音楽のひとつがこの曲である。
あとは角松敏生やTHE SQUAREなんかで、今から35年ほど前のことであった...

そんなクルマで飛ばしたくなるような、流れるようなリズムの気持ちの良い曲である。
posted by cazitto at 08:26| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月02日

特別定額給付金(武漢肺炎の給付金)の申請

我が市でも5月1日から対象となったので、早速オンライン申請やるべと思って、まずはマイナポータルへアクセスした。
昼間はずーっとアクセス不可だったけど、18時過ぎたらアクセスできたわ。

こういう数百万、数千万の利用者がアクセスするサイトって、アクセスコントロールはどうやってるんだろうか...
ロードバランサーで分散するわ、アクセス元IPやなんやらでサーバーやDBを振り分けるわ、複数の技術で対応するんだろうけど、元IT人間としてはそっちが気になるわ。

で、アクセスしたら、確定申告と同様にPCからはマイ#カードのカードリーダーが必要とのことで、急遽スマホから申請。
ただしスマホの申請では、事前に"マイナポータルAP"のインストールが必要。

既存システムへの追加とはいえ急なのであえて苦言は言いたくないけど、使い込まれておらず使いづらい部分はあるね。
セキュリティ大丈夫なのか、口座番号記載の書類/写真が添付ファイルで必要なのに事前準備に記載がないとか(見落とした?)、最後に送付ボタン押してもちゃんと受付されたというメールが来ないとか...(苦言言っちゃった)

Tipsとしては、マイ#の数字4桁パスワードと文字列パスワードの2つは、事前に確認しといた方がいいよ。
でググったら、マイ#には4つのパスワードがあるって? マジかっ、そんなにあったか...?
ちなみにパスワード忘却時は、市役所の窓口に出向く必要がある... うーむ...

なんども別の画面や別のアプリに行ったり来たりするのは不便だし不安だし、"登録メアドにメール送りました"というのは来たけど、"一応送ってみました"的な内容で"受け付けました"ではなくてエビデンスもないのでめっちゃ不安...
なんだかんだで30分位かかったが、もしかしたら再申請が必要かも、っていう不安感が拭えない...

ちなみにマイナポータルはこっち→ https://myna.go.jp/SCK0101_01_001/SCK0101_01_001_InitDiscsys.form
mn0.jpg mn1.jpg mn2.jpg mn3.jpg
posted by cazitto at 08:40| Comment(0) | 日記・コラム・つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月30日

KRIGEN/A WAR(ある戦争)

をAmazon primeで観た。

うーん、これは重たい内容である。
デンマークの兵隊さんがタリバン制圧のためにアフガニスタンの紛争地帯へ派遣されたんだけど、巡視中に敵からの攻撃を受け、誤って民間人の命を奪ってしまったことで軍法会議にかけられる兵士の葛藤と家族の絆を描いた内容。

部隊自体は九死に一生を得るけど、敵を視認できぬまま空爆を依頼して民間人を犠牲にしてしまったことへの葛藤に苦しむ様子や精神的苦痛は重たい内容で観ている者にとても考えさせる。
生きるか死ぬかの瀬戸際の、一瞬の判断の善悪を、あとで冷静な目で見られて裁かれるわけだからね。
結局あとから部下の進言が出てきて判決自体は無罪になるんだけど、こういう場面や状況を法廷で裁かれるってのは、なんだかツライわ...

デンマークの部隊もアフガニスタンで戦っていたということを知らんかったけど、日頃、現実主義者として自分の国は自分で守るべきだと思っていても、こういうのを観てしまうといろいろ考えさせられて揺らいだりしますな。
戦争をすべきでないのは間違いないけど、そう考えていない人間たちとどう向き合っていくか、どうすべきかということを、自分も含めて平和の国のお花畑にいる人間たちはあらかじめ考えておかないといけないのだと思いますわ。
外国から戦争を仕掛けられることは、憲法9条の存在では防げないのだから...
(評価:★★★★☆)
aw1.jpg
posted by cazitto at 08:12| Comment(0) | 映画・テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月28日

レヴォーグ日記 - SUBARUお買い物券

こないだアンケートに答えたご褒美として、スバルお買い物券が届いた。

つい先日Dにタイヤ交換とコーティングしに行ったけど、やっぱ間に合わなかったわ。
ま、期限は来年の3月末までなのでそれまでに使うけど。

こういうの、前車のミツビシのDには一切なかったなあ。
あそこの会社、クルマ自体や技術力は悪くない、いや結構気に入ってて良かったんだけど、サービスはあまり良くない会社であった気がする。
ま、メーカーと販売会社は違うといえば違うけど。
WRCで培った先進技術を盛り込んだクルマなのに、戦略的な価格設定であった...
AYCなんか、現在のトルクベクタリングと同様な機構を、20年以上前に実用車へ展開していたわけだから。

技術力は高いがマーケティングがダメと言われていた、以前勤めていた某外資系コンピューターメーカーのようである。
ミツビシは何度かのリコール隠しのあと会社がヤバくなり、多くの優秀なエンジニアが去っていったというハナシなので、今じゃすっかり技術的にもどーなんだか...
一部の人の話では、今も居座る商事系グループ会社から降りてきた社長がダメダメなんだとか...
オレは詳しく知らんけど。

ま、とにかくこういうちょっとした気の使い方が一切ない会社だったので、Dにお世話になるのは車検か修理の時だけであった。
GALANT VR-4(4G63)、LEGNUM VR-4(6A13)の2台あわせて30年弱付き合ったミツビシ車では、日々のメンテが良いというのもあるかもしれんが、法定点検も一切受けたことなかったからなあ。
lv1b.jpg
posted by cazitto at 08:21| Comment(0) | クルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月26日

武蔵野日記ー 春爛漫

やっと暖かい日が多くなってきたけど、まだ朝一では少し寒いと感じる日がある。
それでも樹々は青く茂ってきて、玉川上水も水の流れが清々しい。
太陽もいよいよ北へ(左へ)寄ってきて、高度も高くなってきたわ。

で、いつもの公園でウォーキングしてるんだけど、相変わらず公園の子供らや家族連れは多くて、以前の3倍はいる感じ。
数日前から公園のグラウンド内が、"集近閉"回避のために立ち入り禁止になってしまった。
えっ、って感じである。
おかげで公園の外周路とブランコや滑り台など遊具が置かれている場所が、"集近閉"になっているぞ。いいのか?
グラウンド内は広いので散らばって野球やサッカーができていたのに、そこに入れなくなって外に人が集まってしまってる。いいのか?
本末転倒ではないのか...
きっと、オレが言わんでも、どこぞのジジババが市にクレイムを入れていることであろう。ただ方針が変わるとは思えんけどな...

体調は相変わらず悪くはないけど、先日急に目眩に襲われたのでコワイ。
おそらく1年以上目眩はなかったと思うんだけど、突然だもんなあ。ま、それも少ししたら改善したので酷くはなかったけどね。

武漢肺炎の緊急事態宣言が続く中、リタイヤして4年ずっと"stay home"なんで大きく生活が変わることはないけど、一体いつまで続くのか...
5月下旬に予約してる白馬旅も、このままだとキャンセルかもしれんね。
ま、仕方ないけど、こうなるとやっぱ中国が憎いわっ!
c1.jpg c2.jpg c5.jpg
posted by cazitto at 09:16| Comment(0) | 日記・コラム・つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月24日

F-4EJKai "301SQ F-4 ファイナルイヤー 2020"

ついにファントムが日本の空からいなくなる。
ということで首都圏警護部隊である、百里基地所属の301SQの特別塗装の筑波のガマ、通称"デカけろヨン"。

今回いじったのは、機首のライトニングアレスタ(避雷器)の追加。
これは、黒いノーズコーンに水平方向に7本入ってるスジである。
プラを火で炙って伸ばしランナーを作るんだが、いまだにあまり得意でなくて、やっぱ少し太くなってしもた。

排気ノズルにシルバーのドライブラシも入れて擦れを表現したし、機体の汚しも入れたしまあまあの出来だけど、満足はしてない。
ウェザリング(汚し)は、実機をよく見ると特別塗装機はキレイで汚れてない...
あとは、ノーズギアやメインギア(足)のわずかな傾きが気になる。毎度毎度だよなあ、気ぃつけてんだけどね。
機体横の"Go for it! 301sq"の文字の貼付位置もおかしい...
さらにモケーの外装は塗装がゴワゴワしてて騒がしいが、実機はツヤツヤしてて綺麗だし...
あぁ...

でもやっぱファントムはかっこええ。この独特の機体の形、惚れ惚れしますなあ。
ff1.jpg ff2.jpg ff3.jpg ff4.jpg ff5.jpg ff6.jpg ff7.jpg ff8.jpg ff9.jpg
fff1.jpg
posted by cazitto at 07:59| Comment(0) | 飛行機・模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月22日

HART'S WAR(ジャスティス)

をCATVで観た。

戦争映画のようで実はそうではない。
ドイツの捕虜収容所で、アメリカ人捕虜たちの人権絡みの裁判が行われることになるんだけど、真相は...というような社会派ドラマである。

捕虜収容所の生活が描かれていくんだけど、閉じられた世界でのハナシだけに展開にメリハリがあまりなくてだらけてしまうところもある。
でも、内容はあくまでも硬派なハナシ。
後半に盛り上がりがあって終わり方は印象的だが、重くて暗くて娯楽的な要素が少ないのは否めない。
原題でも邦題でも、この題名の謎はラストでわかるのだ。

どこかのレビューアーの方がしんどくて疲れると書いてたけど、でもまあシブい作りでつまらないわけではない。
(評価:★★★☆☆)
js1.jpg
posted by cazitto at 08:23| Comment(0) | 映画・テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月20日

SWEAR-CASIOPEA

「Mint Jams」のアルバムラストの、とても気持ちよくて爽やかな感じの名曲。

このアルバムジャケットも大好き!
初めて出会ってから40年ほど経つけど、いつまでも色褪せないのがなんとも素晴らしい!
後半の野呂さんのギターが光っているけど、ドラムもキーボードも素晴らしい。
特に向谷さんのキーボードって、いくつかの音源やキーボードを駆使してあの音出すのに手間かかってるんだなというのが、YouTubeによくあるアマチュアの方々のカバーバージョンの苦労を聴いてるとわかる。
あらためて、プロってスゴイわ。

それにしてもラストを飾るにふさわしい曲で、聴きほれますなあ。
武漢肺炎の自宅待機の中、こういう曲を聴いて心を癒すといいよ。
いい曲ですわ。
posted by cazitto at 07:29| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月18日

幻獣少年キマイラ 18 キマイラ鬼骨変ー夢枕獏

18巻目を電子版で読了。
いよいよ核心に迫ってきたという感じはするけど、まだ終わりは見えない。

以下ネタバレ。
九鬼玄造はじめ関係者が総出で信州の山奥にキマイラ化した九鬼麗一を捕まえに行くんだが、ことはそんなにうまく運ぶわけはなく、九鬼麗一は実の父親である巫炎とともに消えてしまう。
時間経過は少ないのにそこまでの経緯が長いんだが、そこはほれ、情景描写や心象描写が細かくてなかなかハナシが進まないバクさんの真骨頂である。
その後、ハナシ変わって菊池良二の生い立ちを追いながら、海辺で織部深雪ちゃんがフリードリヒ・ボックに拉致されていく場面に遭遇してしまった菊池とボックの闘い、というところで次号へ続くという内容。

あとがきに、この18巻が書かれたのが2013年、10年ぶりにキマイラを再開したと書かれていた。
長いわあー。
書き始めて30年以上経って色々あったようで、当初のキマイラの筋書きから内容が変わってしまい、それでも昔の熱は変わらずに読者のオレにも伝わってきたわ。
相変わらず面白さは無くなっていないことに安心しつつ、どうなっていくんや、という気持ちで次の号に進めるが、この小説一体いつ終わるのか。
作者であるバクさんは、終わらずに死んでしまうのも面白いかも、などとのたまっていたが...
posted by cazitto at 08:20| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月16日

武蔵野日記ー 緊急事態宣言の公園

3月からそうだったけど、毎朝子供らが多い。
いつもはジジババが歩いたり走ったりしているんだが、よく見かけるヒトらはせいぜい7,8人である。それに犬の散歩に来ているヒトらが4,5人。
武漢肺炎以前では、それらせいぜい10人ちょいが、広い公園の中でそれぞれの時間を過ごしている。

そこに3月からグラウンドでサッカー、野球の練習、ブランコや空き地でフラフラ、失礼、ぶらぶら。いや、時間を持て余している小中学生の子らが15人くらいはいるんで、結構人が多いと感じる今日この頃である。
ただ、平日でも駅へ向かう通勤の人は減ってて多くはない。

都心の新宿や渋谷、銀座などはガラガラのようだけど、反対に地元のスーパーなどは地元ナンバー以外のクルマも多く、店内はいつもより混んでるみたいでなんだかなーの状況である。
イマイチ感染者数の伸び具合が爆発的ではない中途半端な東京だけど、このままピークアウトしてくれたらいいのに...

こちらは毎日"STAY HOME"だけど、ウォーキングしているのでメニエールの目眩も右耳の難聴も落ち着いていて体調は悪くはない。
と、思っていたのに、今朝は目眩の朝であった...
1年ぶりくらいかもしれないけど、ウォーキングを欠かしていないのに、こうして急にくるから侮れないんである。
でも青葉茂れる玉川上水を見に、歩きに行ったけどね。

公園の朝陽は、どんどん北側へ移動してどんどん高度も高くなってきている。
樹々の葉も繁ってきて、春本番か...
すでに5月後半に予約している毎年恒例の白馬旅をどうするかは現状まだ不明で、一応楽しみにしてるんだけど状況によってはキャンセルかも...
c1.jpg c2.jpg c5.jpg
posted by cazitto at 08:21| Comment(0) | 日記・コラム・つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする